早期教育を求める人に

アルファベットと机

英語教育を行う保育園や幼稚園をプリスクールと呼びます。グローバル化にともない必要性が高まっており、数は増加傾向にあります。費用は一般の保育園や幼稚園よりも高いことが多いです。老舗や有名なプリスクールになるほど高くなる傾向にあります。

早期教育で多方面に好影響

様々な楽器

幼児の頃から始める習い事として音楽教室が注目を集めています。音楽能力向上と同時に人間形成や知能向上に繋がることが研究により明らかにされているからです。音楽に親しみ易い環境を与えることは、幼児の成長にさまざまなプラス効果を与えるのです。

幼児学習の内容とは

保育園

小さなうちから子どもの能力を育てる、幼児教室が人気を集めています。受験を考えている方に最適なカリキュラムを用意している教室や、コミュニケーション重視の楽しい教室など、世田谷区には様々な幼児教室があります。

健やかな発達のために

男の子

種類やメリット

幼児教室とは、小学校に入学するまでの乳幼児を対象とした、教育や保育の場です。幼児教室には、幼稚園や保育園、英会話スクールや音楽スクールなど、様々なものがあります。これらはそれぞれ特徴が異なっていますが、いずれも乳幼児の健やかな発達が目的とされているため人気があります。たとえば幼稚園や保育園の場合、他の園児との関わり方や、着替えや排泄や食事といった日常生活での動作における指導が行われます。また英会話スクールでは、耳と口とを英語の発音に慣れさせるための指導が、音楽スクールではリズム感や音を聞き取る力を養うための指導が、それぞれ行われるのです。これらにより、乳幼児は良い人間関係をスムーズに形成できるようになったり、小学校入学以降に本格的に始まる教育に順応しやすくなったりします。そのため幼児教室には、我が子の将来を案じ、幸せを望む多くの保護者から高い人気があるわけです。また幼児教室は、仕事や介護などで忙しいという保護者からも人気となっています。幼稚園や保育園はもちろん各種スクールでも、基本的には乳幼児は教諭や保育士、講師のもとに預けられます。つまりその間は、保護者は基本的には時間を自由に使うことができるわけです。発達が促される上に、仕事などに専念しやすくなるので、近年ではこの点からも幼児教室の需要が高まっています。さらに送迎サービスのある幼児教室も増えているため、これが一層人気を高めていると言えます。