1. Home
  2. 早期教育で多方面に好影響

早期教育で多方面に好影響

様々な楽器

人間形成や知能向上にも

近年、幼児の頃から音楽やスイミング、英会話などの教室に通わせている家庭が増えてきています。中でもデジタル化や情報の発達が著しい現代社会において、人とのコミュニケーション能力やユニークさを培う手段として音楽教室は注目されています。脳科学や心理学の分野で、音楽というジャンルは人間形成に大きな影響を与えるものとして注目され研究対象となっていました。未だに全ては解明されていないものの、現時点では音楽教育を早期に始めることによって音楽だけではなく、他の分野でもプラス効果が期待できることが判明しているのです。最近の音楽教室は、まだ音楽を十分に理解できていない幼児にはリズムに合わせて体を動かしたり、音を聴いて何かを表現したりというような、聴覚に重点を置いた初期教育をする傾向にあります。遊び感覚で音楽に親しむことを目的としているのですが、この音を聴きとることは知能やIQを上場させる効果があり、併せて情操教育にも好ましいとの研究結果が報告されています。もちろんこのような脳科学的な分野だけではなく、音感の育成や楽器の演奏などの芸術としての能力が身に着くことは言うまでもありません。このようにさまざまな分野で好影響があるため、幼児が始める習い事として音楽教室の人気が高まっています。ピアノ教室が定番ですが、最近はバイオリンやフルート教室などの人気もあるようです。脳が柔軟で吸収力の高い幼児のうちから音楽を始めて、子供の健やかな成長を期待しましょう。