1. Home
  2. 早期教育を求める人に

早期教育を求める人に

アルファベットと机

グローバル化が進む昨今では、英語の必要性もどんどん増してきています。英語などの語学を身につけさせるには、早いうちから始めるのがよいとされています。子供のうちは耳が素直で、すべての文字をその通りに聞き取れるためです。小学校から英語教育が始まるようになりましたが、もっと早い段階から英語教育をさせたいという人は、保育園選びからこだわる人が多いです。英語教育を行う保育園や幼稚園を、日本では総称してプリスクールと呼んでいます。プリスクールは、保育園的な使い方をする施設と、幼稚園的な使い方をする施設に分かれています。保育園的な使い方だと、預かる時間が長めの傾向にあります。プリスクールは基本的に認可外施設となるため、保育料が高いという特徴があります。一般の公立保育園や幼稚園では月々2〜3万円程度が相場ですが、プリスクールでは5〜10万円ほどが相場です。特に老舗の有名プリスクールになるほど高くなる傾向にあります。一種のブランドになっていることも多く、有名人や裕福な家庭が通わせていることも多いという特徴があります。また、都心部にあるプリスクールの方が高い傾向にあります。しかし新しいプリスクールは安いことも多く、中には月に3万円程度の金額ですむところもあります。英語教育の内容も様々で、生活のすべてを英語で行うこともあれば、授業の一部に英語教育が取り入れられていることもあります。在日外国人がいるかどうかも園によって異なります。